2113/01/01

ご挨拶

始めて会ったときは、まだ、お母さんの背中で泣いていた赤ん坊が成人したり、小学生だった子どもが小学生の親になっていたり、親しくしていた友人がいなくなったり。毎年欠かさず通っている間に、様々なことがあり、長い年月が経ちました。
このブログで取り上げるポイントホープの概略については、ウェブサイトを立ち上げて説明してきました。ただし、普段の、普通の出来事については、ポイントホープ滞在中に時々掲示板に書き込む程度でした。
このブログでは、ウェブサイトでは、触れていない様なことも含めて、思いつくままに書いて行こうと考えています。

ものぐさな性格なので、更新が滞ることも多々あるとは思いますが、気長にお付き合いください。

基本的にコメントは付けませんが感想、質問等はご自由にお書きください。
また、こちらで不適切と判断した書き込みについては、承諾なしに削除する場合があります。ご了承ください。

その他
 既存の投稿について、特に断りなく加筆、修正することがあります
 故人の方々は特に支障がない限り、本名を記載していますが、その他の方々については、イニシャルあるいは仮名で記載しています。

2111/05/08

お願い

このブログで取り上げている町、ポイントホープは人口700人程度の小さなコミュニティで、特にこれといった観光施設はありません。
このブログを読んで、ポイントホープの人たちの生活に興味を持ってもらえることは、とてもありがたいことだと思っています。
ただし、彼らが行っているクジラ猟をはじめとする各種狩猟は、生活のために行っているものであり「見世物」ではありません。

例えば、このブログや、某著名な写真家の写真や素敵な文章を読んでクジラの猟に興味を持ち、クジラ猟の時期のポイントホープを見てみたい、と思ったとしても、もしそれだけの理由でポイントホープへ行こうと思ったのなら、止めた方が良いでしょう。
はっきり言ってクジラの猟は待ちの猟であり、氷点下の氷の上で何日もひたすら待ち続け、クジラが捕れれば、今度は血まみれ脂まみれの不眠不休の莫大な肉体労働が待っています。体力的、精神的にかなり過酷な仕事です。

通りすがりの人がちらっと猟の様子を見て、感動的なポエム風の文章を書き、それを読み、憧れる人も多いかもしれません。
しかし、実際にこの場で生活している人間にとってのクジラ猟は、ポエム的なことを書いたり言ったりしている余裕など全くなく、命がけでクジラを追い、何時間もかけてヘロヘロになりながら氷上に引き上げ、巨大な肉塊をいかに素早く、効率よく解体していくか、それだけです。
作業が終わってひと段落しても、そこにポエムなどなく、心地よい疲労と空腹があるだけです。
「この命が、やがて我々の血となり肉となり。。。」
なんて歯の浮くようなことは言わず、
「腹が減ったから、今日は捕れたてのクジラでステーキにしよう」
それだけです。

綺麗な写真やポエムに憧れて、大挙して日本人が押し寄せてきても、僕は対応しかねますし、猟をしている当の本人たちにとっても、大変迷惑な話になります。
命をかけて生活の糧を得ている場所に、カメラをぶら下げた観光気分の人たちがぶらぶらしていたら邪魔でしょうがないですし、来るべき獲物もその場所を避けて行ってしまうでしょう。

本当にエスキモーの生活に興味があり、何が何でも、それこそ人生を棒に振ってでも一緒に猟をしてみたい、というくらいの心意気があるのなら、相談には応じます。
ただ、滞在先は紹介しかねますので、自分で探してください。その方がはっきり言って面白い体験ができると思います(ホテルもあります)。

僕の場合、昔からエスキモーのことが大好きで、おそらく日本国内で出版されているエスキモーに関する書籍の5割以上は入手して読んでいるはずです(年とともに忘れてしまったことも多いですが)。
そして日本での生活のかなりの部分を犠牲にして、ポイントホープへ通い続けています。
中途半端な気持ちで毎年ポイントホープへ通い続けているのではない、ということをご理解ください。

クジラ猟に限らず、ポイントホープに関する商業的な取材を行いたい方は、まずNative Village of Point Hope等へ問い合わせて、取材許可を得てください。
時期的なものなど、詳細は相談に応じますので、何なりとご質問ください。ただし当ブログに色々なことを書いているので、事前に読んでおくことをお勧めします。

Point Hope

2018/05/07

海の中の音

昨年、思うことあって作ったステレオ水中マイク。
アラスカへ出発直前の4月中頃、秋葉原へ出かけた際に、そういえばマイクケーブルをもう少し長くしようと思い立ち、電線屋さんでケーブルを買いってきました。
 マイクのケーブルだけ変えるつもりだったのに、ついつい全部作り直してしまったのです。
水中テストしないまま持ってきたら、1度の使用で浸水。乾かしたら直ったけれど。
その後は試しておらず、もしかしたらしばらく録音の機会はないので、最初に録れた音をちょっとだけ加工してスライドショーにしてみたのです。

 海の中の音

イヤホン、ヘッドホンで聞いてみてください。
いろいろな音が聞こえてきます。
動物の声、水が氷に当たる音。
最初の頃わずかに「カッ、カッ」と聞こえてくるのは、ニクシック(カギのついた重り)で海底に沈んだベルーガを探している音。
そして「ザッ、ザッ」という音は、誰かが氷の上を歩く音。
「チリチリ」と聞こえる電気的雑音は、マイクが少しずつ浸水している音かと。。。
こんなに賑やかに聞こえるんだから、氷の上でちょっと何かしたら、すべて水中の生き物たちに聞かれてるということだよね。

2018/04/01

苺販売を行います(行いません)。

ご存知の方もいると思いますが、私、学生時代を静岡で過ごしております。
静岡といえば苺の産地でして、当時からの友人、岩内真実(いわうちまさみ)も苺農家の長男でした。
卒業後、家業を継いで苺農家となり、昨年あたり海外進出をしたとのこと。しかし最近まで、彼がどこで何をしていたのか知りませんでしたが、先日、こんなパンフレットが送られてきました。

南極苺パンフレット
南極産の苺を日本で売りたいというのです。南極、確かに海外です。
まあ、何かと世話になっている数少ない友人のひとりですので、ここは一肌脱ごうということで、苺販売を手伝うこととしました。
実はまだ試食もさせてもらっていないのですが、彼の作っていた苺は、他の農家の同じ品種のものと比べても、格段に美味しかったので、間違いはないと思います。

販売は夏から、とのことですが、このブログを見てくださっている方には、先行販売をしても良い、と言われております。
南極から運んでくるので、値段がちょっと高めなのがネックですね(すみません、値段は「高め」としか聞いていないのです)。

直接私に問い合わせ頂いても構いませんし、以下の苺販売サイトから問い合わせてもらっtても良いでしょう。

南極苺

毎度ごめんなさい。
4月1日、エイプリルフールの嘘記事です。お許しくださいませ。
苺なんて売りません。URLはどこにもリンクしてません。
マクマード基地近くの断崖じゃなくて、アラスカのトンプソン岬です。

2018/03/29

毎日新聞夕刊

先日の「お店のようなもの」での「お話会のようなもの(クジラノツカマエカタ)」、無事終了いたしました。
思いの外多くの方に集まっていただき、のんびりと話をしていたら、いつもと同じ内容なのに、3時間くらい話をしておりました。
いらしてくださった皆さん、ありがとうございました。

さて、そのお客さんの中に、毎日新聞社の方がいらっしゃいました。
終電で帰ると出て行ったのですが、しばらくして酒とつまみとともに戻ってまいりました。電車に乗り遅れたそうです。
そんなこんなで朝を迎え、迎酒をいただきつつ(僕は飲めないのでコーヒー)、簡単なインタビューを受けつつ、昼頃までダラダラと過ごしておりました。

その時のお話が、夕刊に載っておりました。
憂楽帳

短い記事ですが、話をした内容はしっかりとまとまっております。
酒飲みながらのインタビューとは思えません。さすがプロの仕事です。
年齢を見てびっくりしたとか、エイプリルフールかと思ったとか言われてますが、事実ですよ。
そして悪いことをしなくても、新聞に載るのですね。

2018/03/10

お話会のようなもの

お知らせが遅くなりましたが、3月17日(土)19:30より、横浜の「お店のようなもの」において「お話会のようなもの」を実施いたします。
クジラ猟のことなど、ポイントホープでの出来事をゆるゆるとお話いたします。
聞きたいことがあれば、何なりと聞いていただければ、お答えするという形で、特に終わりは決めず、だらだらゆるゆると、眠くなるまで。

ビールのようなものの販売があるそうなので、それ以外に飲みたいもの、食べたいもの、それとカンパは500円以上お持ちくださいませ。寝袋もあると良いかもしれませんね。

お店のようなもの
http://omise.nojukuyaro.ga/

ところで、この「お店のようなもの」ご存知の方はご存知、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」編集長、かとうちあきさんのお店です。
https://nojukuyaro.ga/

以前、昼休みにラジオを聞いていたら、初めての野宿が道路脇の側溝だった、という女性が書いた野宿の本を紹介しておりました。その時は、すげー人がいるもんだ、とだけ思っていたのです。
それから数ヶ月後、地平線会議の催し物の打上げのあと、ソファで酔いつぶれている女性がおりました。聞けば普段飲めない本物のビールを飲みすぎた、とのこと。その方、2次会の居酒屋では、床で寝ている。時々目を覚ますので、話を聞けば、彼女がその側溝で寝ていた野宿女子だったと。
出会いとはすごいものです。

なお、当日は「ウルのようなもの」「Tシャツのようなもの」「袋のようなもの」など、数々の売れ残りをお持ちしますので、お買い求めいただけると、私の生活が潤うので助かります。

お時間ある方は、ぜひ。

2018/01/03

クジラ肉の分配について

クジラが捕れると、以前にも紹介した通り、銛を打った順番で各クジラ組のもらえる部位が決定する。
クジラから切り取られ、一箇所に集められた肉とマクタック
クジラが氷上に引きあげられると、各クジラ組は自分たちの取り分の箇所に取り付いて、マクタックや肉を切り取り始める。
これらはひとまず一箇所に集められ、各クジラ組の海岸のキャンプ地へと運び、タープ(ブルーシート)をかけて、一時保管される。
氷上での作業が一段落したら、キャンプ地にまとめて保管してある、肉、マクタックの分配を始める。

各クジラ組には、猟に出ている男性、それを手伝う下働きの少年(Boyer、ボイヤー)、料理を作って男性たちを支えている女性たち、総勢で20名近い、あるいはそれ以上のクルーがおり、その人数に合わせて、均等に肉、マクタックを分配する。
分配は、キャプテンからボイヤーまで、分け隔てなく均等に分配する。キャプテンだから多め、ボイヤーだから少なめ、といったことは一切ない。
手前側は分配された肉、奥は分配されたマクタック

まず肉塊で大まかに人数分の山を作り、地面(雪面)に並べる。
そこから小さな山には肉を足し、大きすぎる山からは肉を抜き取り、同じ大きさの山を作る(マクタックも同様)。
その後、各自が好きな山を選んで家に持ち帰る。
この分け前のことを「ニギャック」と呼ぶ。

この写真の場合、一人当たりの取り分は肉、マクタックともに一人当たり10キロ以上になった。
家族で猟に関わっていれば、ひと家族あたり数十キロの肉が一回の猟で手に入ることもある。
持ち帰った肉は、時間に余裕があれば、小さく切ってジップロックバッグへ詰めて冷凍保存する。
時間に余裕がなければ、大きなポリ袋(ゴミ袋を使用している)のまま、巨大な冷凍庫へ投げ込んでしまう。ただし、これをすると、冷凍庫の底に張り付いたりして、取り出す際に苦労することになる。